« ちょっとだけ安心 | Main | 奇跡のゆりかごダンス »

「負け」にも色々ある

勝負事なんだから、いつも勝てるってわけじゃない。
どんなにいいゲームをしようとも、試合展開的には勝っていようとも、運に見放されて負けてしまうってこともある。特にサッカーは、運の占める割合の大きいスポーツだと思っているから。
だから、勝ち負けが全てという考え方はあまり好きじゃない。

でも。

このイラン戦は、きつい言い方だけど、「負けるべくして負けた」と思う。

スポーツ選手はよく言う。
「練習したこと以上のことは試合でも出せない」と。
1年ぶりに数日練習しただけの4バックで勝てるほど、W杯予選は甘くない。
しかもその戦術がチームに合っているからではなくて、ある選手を起用しようという理由でならば。

今回の負けで心配なのは、この1年で(特にアジアカップ以後)積み重ねてきたチームとしての自信やまとまり、互いへの信頼感さえも揺らいでしまったのではないかということ。すべてが1年前の、あのギクシャクした状態に逆戻りしてしまったのではないかということ。
ふと、この1年ってなんだったんだろう…というむなしい思いにとらわれてしまう。

おそらく今までの3-5-2のシステムで負けたのなら、こんな気分にはならなかった。「力及ばず」でも「運に見放されて」でも。

まだ4試合あるのだから、今回の敗戦は致命的ってわけじゃない。でもそれが後に引きずるような何かしこりを残していたら、本当にヤバい。
上手い選手、能力のある選手を集めたからって、それだけで全てがうまく回転するわけじゃない。それがチームスポーツ。


試合後の気分、去年のナビスコ準々決勝の時にちょっと似てるな。4バックを採用した理由は違うけれど。

|

« ちょっとだけ安心 | Main | 奇跡のゆりかごダンス »

Football」カテゴリの記事

  日本代表」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27707/3442426

Listed below are links to weblogs that reference 「負け」にも色々ある:

« ちょっとだけ安心 | Main | 奇跡のゆりかごダンス »