« TMは楽しい | Main | 久しぶりの代表戦 »

ベテランのプロ初ゴールと今季初出場

ガンバ時代の青野くんで強烈に印象に残っているのは、ノリさんとのケンカ(笑)と、新人時代のインタビュー。
その年の新人選手(羽畑くんとかと同期だったかな)が集まった対談で、「俺はこいつらと違って、(大卒だから)すぐに結果をださなければいけない」、そう答えた姿は今でも忘れられない。

ガンバで大卒選手は大成しないとか、大卒は2年以内に試合に出られなければクビだとか、嫌なジンクスや嘘か真かわからないウワサもあったし…。

その頃から怪我がちな選手だったように思う。チームが変わっても、怪我のウワサをよく聞いたように思う。
ガンバのあと、神戸、新潟と渡り歩き、そして今年愛媛へ。
でもまさか、ヴェルディ戦のゴールがプロ初ゴールだったとは。
勝利を呼び込む、まさに値千金のミドルシュート。
本当に美しいとしかいいようのないゴールだった。

ゴールが決まったときの喜びようとか、試合後の喜びをかみしめながら控えめに語るインタビューとか、サポーターに挨拶に向かう後ろ姿とか。
スカパーでそんな青野くんを見ながら、あのガンバでのインタビューからもう5年も経ったんだなってしみじみ思っていた。
若い愛媛ではもう充分にベテランと呼ばれる年齢になって、きっと多くの挫折や苦労を味わって、そしてついに決めた初ゴール。
それは単なる初得点ではなくて、単なる1点でもなくて、ものすごく重みのあるものだったんじゃないかなって。


そして今季初出場の、もう1人のベテラン羽田さん。
どのポジションよりも途中交代の可能性の少ないポジションで、一度固定してしまうとなかなか選手の入れ替えのないポジション。羽田さんがピッチに立つのはいつぶりのことだろう?
でもこういうことがあるから、リザーブにGKがいるわけで、そしてこういう事態にも対処できると信頼されているからベンチ入りしているのだと思う。

この瞬間のために、どれだけの準備を積み重ねてきたのだろうかと、1点差の緊迫した試合展開で、ヴェルディがみせる猛烈な攻撃を、それまでずっと試合に出ていたかのような違和感のないプレーで防ぐ羽田さんを見ながら思った。
それがベテランの落ち着きなのかなと。年月を無駄にすることなく積み重ねてきたからこそ発揮される、土壇場での経験の力なのかなと。
やっぱり、さすがだなって。


勝っただけじゃなくて、初ゴールがあって初出場があって。
いろんな意味で「おめでとう」って言いたくなるような試合だった。


しかし愛媛って、「外弁慶」なのかな(苦笑)


|

« TMは楽しい | Main | 久しぶりの代表戦 »

Football」カテゴリの記事

  愛媛FC」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27707/15319813

Listed below are links to weblogs that reference ベテランのプロ初ゴールと今季初出場:

« TMは楽しい | Main | 久しぶりの代表戦 »