初アシスト?

私にはどうも、試合を見ていても守備の選手に目がいってしまう傾向があって。
しかも「守備専」の選手であればあるほどに、気になってしまう。

「守備の職人」と呼ばれるような選手。
派手なプレーをすることはなくても、堅実なプレーでチームを支える選手。
「縁の下の力持ち」の役割を、黙々とこなせる選手。

愛媛の井上くんもそんな選手で、派手なプレーでスタジアムを沸かせるよりも、本当に一生懸命90分間走り回って、中盤の底として、相手攻撃の芽をひとつひとつ摘んでチームに貢献する選手。
だからJにあがってからも、ずっと不動のレギュラーとしてプレーしながら、なかなか目立つことはなかった。
悔しいけどよく、「攻撃が課題」っていう評価をされていたし…。

けど、青野くんが加入し、鳥栖から宮原さんがレンタルで来て。
ボランチのスタメン争いが激しくなって、危機感が生まれたのかな。
昨日の草津戦では果敢な攻め上がりを何度も試みていたし、実際にボールカットから自らドリブルで持ち込み、見事な先制点のアシスト。
ある人が言うには、これが「初アシスト」らしい。

アシストはなかなか後の記録に残ることはないけど。
でも初めてだとしても、何回目かのだとしても、私にとって昨日のアシストはすごく特別なアシストで、多分この先もずっと忘れることはないと思う。

たとえ井上くんが攻撃に目覚めて(笑)、これからたくさんのアシスト、ゴールを決めたとしても。

【追記】
忘れてた。
J’s GOALにまた井上くんのコメントが来てたんだった。

「今日はセカンドボールが勝負だと思って、チーム全体で意識して拾いに行った。前半からいい流れでゲームを進めることができて、後半のいい時間帯に得点を決めることができた」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バースデーゲーム

実際のところ、ヒトの誕生日を覚えているのが苦手で、それでなくともここのところそれどころじゃなくて、昨日が試合なことも、井上くんの誕生日なこともすっかり忘れていた。
今日、J’s GOALのコメントを読んで、やっと思い出した。

「福岡は強いチームだったが、ホームなので勝ちにいった。点を取りにいってゼロに終わったことは悔いが残る。自分自身、惜しいミドルもあった。今日は誕生日ということもあって積極的にいったが(笑)、自分らしく点を取れず残念。(誕生日の)温かい声援は、前に前に行こうという力になった」

25歳。
サッカー界だともう若手じゃなくて、中堅選手かな。

初めて見たのは一昨年の4月。味スタ、横河武蔵野戦。
3バックの左ストッパーをやっていて、派手ではないけれど人への強さをみせるプレーぶりに惹かれた。
落ち着いた風貌とプレーに、新人選手だとは思いもしなかった…というのは内緒(笑)


あれから2年。ボランチとしてレギュラーの座を掴み、Jリーガーとしての2シーズン目。
見ている限り本当に怪我知らずで、スタミナのある選手だけれど、地味だけどけっこうガツガツいくプレースタイルだけに、ガツガツとやり返されることも多くて…。削られて倒れるたびにドキドキする。

無事是名馬也。

どうかこれからも、長くピッチを走りまわれますように。


バースデーゴールはならなかったけど。でも早く、J初ゴールが決まるといいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

90分

なんであれだけの観客の前で試合をしながら「メンバー・詳細非公表」なのか、クラブの意図はまったくわからないけど。
ま、マリノス戦のことを考えてなら、20日の17時にこのエントリがあがるように設定しておけば、なんの文句もあるまい(笑)
だって、やっぱりどうしても書いておきたいもの。

とても嬉しかったから。
それがつまり、今日のマリノス戦にその姿がないことを意味していたとしても。
それでも意味のあることに思えるから。


久々に、90分間フル出場。


先々週のTMで実戦復帰していたとはいえ、実はずっと気がかりだった。
90分動けるだけの走力、スタミナは戻っているのかなって…。
45分間は問題なしだけど、90分間はどうなんだろうって…。

DFって他のフィールドプレーヤーとちがって、「スーパーサブ」で「試合の流れを変える」とか「短時間で仕事をする」とか、そういう役割は少ないと思う。もちろん守備固めっていうケースはあるけど。
だからどのポジションよりも、まずはフル出場できるだけのコンディションが整っていることが前提で、そうでなければ、試合出場はおろかベンチ復帰も難しい…。そういうポジションであると。

…だから、早く90分戦うところを見たかった。90分戦えることを示してほしかった。


この日のTMは、前日の名古屋戦のベンチ入りメンバーを含め、1年目2年目の若手選手以外は全員、前半45分で交代した。つまり今日ベンチ入りできる人数以上の選手ってこと。

その中で唯一ノリさんだけが、残って90分間プレーした。

6月とは思えないほど暑くて厳しい条件で、そんな中であえてフル出場させたのは、今のノリさんがどれくらいできるのか、90分間プレーできる状態なのかどうかを見極めたかったからじゃないか…、どうにもそんな気がして仕方ない。
だって、いつもなら45分で交代しているような展開だったから。

終始、ノリさんらしい落ち着いたプレーが見られたと思う。派手さはなくても、確かなプレー。周りを安心させる安定感のあるプレー。
後半のあのPKを与えてしまったあの場面は、相手選手の転倒に巻き込まれたように見えたんだけど、それはまぁ、贔屓目ってことで。
暑かったし、さすがにしんどそうな様子を見せる場面もあったけど、でも最後まで戦いきれていたと思う。


試合後、いい表情をしていた。疲れていたとしても、とても充実した表情に見えたのは、私の気のせいかな。


さ、ここからだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

見習いたい「強さ」

見習いたい「強さ」
珍しいので記念に撮ってみた(笑)

最近はずいぶん前に行って並ばないと整理券を貰えないので、もう2年ほど参加していなくて。
昨日本当に久しぶりに並んでみたら…。


サテの練習でも、一回り以上年の違う選手達と一緒に楽しそうに、そして一生懸命走りまわっていて。
そういう姿から、きっと若手選手はいい影響をうけるはず。


「絶対にくさらない、めげない、諦めない。自分がどんな境遇に置かれても、チームのことを第一に考えて」

最近よく読むブログで、あるチームのある選手について、あるチームのスタッフが書いた文章。

これを読んだ時に、「あ、ノリさんのことだ」と、そう思ったくらいで。
そのサッカー人生にはそれぞれ違いはあっても、選手として持つ「強さ」は共通なんじゃないかと思う。
というより、その強さを持っていたからこそ、サッカー選手を続けていられているのかもしれないけど。

くさらない、めげない、あきらめない

きっと私はノリさんのそういう強さを見習いたくて、そしてそんな諦めない姿を見たくて大阪にまで来てるんだろうな。
試合に出られない時も。
別メであろうと、サテライトにいようと、リザーブで出番が回ってこなかろうと。

そのノリさんの強さはどんな状況でも変わることはないから、だから私は信じて応援していける。
いつどんな時も。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

元のチームに戻って

レンタル先から自分のチームに戻った選手って、レンタルで行っていたチームに対して、どんな感情を抱いているのだろう。
もちろんレンタル先で活躍できれば、元のチームに戻ってからも、悪い印象はないだろうけど。

今年愛媛から柏に戻った菅沼くんは、テレビのインタビューで、「家族」の次に好きなものに「愛媛FC」を挙げていたりする。それも即答(笑)
柏の試合に愛媛のサポーターが来ていることに気づいて、喜んでいたなんていう話も聞いた。

そして昨日、右の手首に巻かれたオレンジ色のミサンガらしきものに気づいた。
もしかして、愛媛時代につけたミサンガ?もしかして、それを今でも巻いているんだろうか?

移籍金を払う余裕のない愛媛では、活躍すればそれは即ち元のチームに返ってしまう可能性が高くなることであって…。
菅沼くんも、皮肉にも、去年愛媛で成長し活躍したからこそ、今年柏にいる。
それでも柏に戻って活躍して、それが素直に嬉しくて「頑張れ」って思えるのは、こんな風に柏に帰ってからも、愛媛のことを気にかけてくれてるからだと思う。


来年そう思える選手が、今年の愛媛では誰なんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今季初のホームユニ

3月の練習場でのサテライトリーグは出たんだっけな?
とりあえず見に行っていないので、私にとっては今季初のノリさんのホームユニ姿。サテライトリーグ・名古屋戦。

いつも通りの45分間出場。
TMなんかよりちょこっと気合いが入ってるように感じたのは、気のせいかな?
一本とてもきれいなフィードがあって「おっ」と思ったり、若い名古屋の選手相手だと、シュートコースを消す守備とかは経験の差、さすがだなぁと思ったり。
やっぱりノリさんのプレーを見ていられるのは楽しい。


ベンチ入りできるとか、試合に出場できるとかは色んな要素が組み合わさってのことだから…。
チームの状態とかバランスとか戦術とか。

それについては、誰よりもファンが文句を言っちゃいけないと思うし、そう心掛けようと思う。どうしたって公平な客観的な目で見られないんだから。


でも…、

試合後の「實好コール」をはやく万博で聞きたいと思ったのも、偽らざる本音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久しぶりの代表戦

久しぶりの代表戦
国立で千円。
なんとお得な代表戦(笑)
ナイトゲームが気持ちいい季節に季節になってきたし。

これでミノルが出れば言うことなしだったけれどもね…。


ま、お楽しみは先延ばしってことで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベテランのプロ初ゴールと今季初出場

ガンバ時代の青野くんで強烈に印象に残っているのは、ノリさんとのケンカ(笑)と、新人時代のインタビュー。
その年の新人選手(羽畑くんとかと同期だったかな)が集まった対談で、「俺はこいつらと違って、(大卒だから)すぐに結果をださなければいけない」、そう答えた姿は今でも忘れられない。

ガンバで大卒選手は大成しないとか、大卒は2年以内に試合に出られなければクビだとか、嫌なジンクスや嘘か真かわからないウワサもあったし…。

その頃から怪我がちな選手だったように思う。チームが変わっても、怪我のウワサをよく聞いたように思う。
ガンバのあと、神戸、新潟と渡り歩き、そして今年愛媛へ。
でもまさか、ヴェルディ戦のゴールがプロ初ゴールだったとは。
勝利を呼び込む、まさに値千金のミドルシュート。
本当に美しいとしかいいようのないゴールだった。

ゴールが決まったときの喜びようとか、試合後の喜びをかみしめながら控えめに語るインタビューとか、サポーターに挨拶に向かう後ろ姿とか。
スカパーでそんな青野くんを見ながら、あのガンバでのインタビューからもう5年も経ったんだなってしみじみ思っていた。
若い愛媛ではもう充分にベテランと呼ばれる年齢になって、きっと多くの挫折や苦労を味わって、そしてついに決めた初ゴール。
それは単なる初得点ではなくて、単なる1点でもなくて、ものすごく重みのあるものだったんじゃないかなって。


そして今季初出場の、もう1人のベテラン羽田さん。
どのポジションよりも途中交代の可能性の少ないポジションで、一度固定してしまうとなかなか選手の入れ替えのないポジション。羽田さんがピッチに立つのはいつぶりのことだろう?
でもこういうことがあるから、リザーブにGKがいるわけで、そしてこういう事態にも対処できると信頼されているからベンチ入りしているのだと思う。

この瞬間のために、どれだけの準備を積み重ねてきたのだろうかと、1点差の緊迫した試合展開で、ヴェルディがみせる猛烈な攻撃を、それまでずっと試合に出ていたかのような違和感のないプレーで防ぐ羽田さんを見ながら思った。
それがベテランの落ち着きなのかなと。年月を無駄にすることなく積み重ねてきたからこそ発揮される、土壇場での経験の力なのかなと。
やっぱり、さすがだなって。


勝っただけじゃなくて、初ゴールがあって初出場があって。
いろんな意味で「おめでとう」って言いたくなるような試合だった。


しかし愛媛って、「外弁慶」なのかな(苦笑)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

TMは楽しい

20070604_4右サイドに茂さんがいて(試合途中は左サイドにポジションチェンジしていたけど)、左SBに八柄君がいて、CBには朝比奈さん。
TMでのバンディオンセ神戸のメンバー。

朝比奈さんは正直言うと最初わからなくて、茂さんと一緒にガンバのスタッフと喋っているのは誰だろう…と。
ガンバにいた頃のことは多分知らないので、唯一そのプレーを見たのは、鳥栖時代の天皇杯かな。
試合の後にガンバのゴール裏が「朝比奈コール」をしていて、朝比奈さんもそれに応えてくれていたことを覚えている。確かゴール裏まで挨拶にきてくれたっけ。

八柄君は去年愛媛FCを退団したあとに、一度は引退して教師の道を歩みだして、それがもういちど現役復帰して…。そのヘンの経緯は八柄君のブログに載っているけれど。
頭のいい選手だからこそ、将来のことを考えて出した引退という決断だったのだろうけど、やっぱりまた現役で見られるのは嬉しい。左サイドでの飄々としたプレーが好きだったから。

茂さんも今年も変わらずに現役で頑張っているし。
去年の11月に、天皇杯での横浜FC戦やガンバとのTMで見た時は左サイドをやっていたけど、この日は右サイドをいたかと思えば左サイド。前線にもしょっちゅう顔をだして、もちろんフリーキックも蹴っていて、攻撃の中心となっていた。
前半45分間で交代してしまったのは残念。もっと見たかった。

試合前後に監督さんを始めスタッフさんに挨拶をしていたり、ノリさんとも長々と話をしていたり、そんなほのぼのとした光景も、TMならではかもしれいけど。


茂さんが移籍しなければ、バンディオンセ神戸というチームを知らずにいたかもしれない。
八柄君が加入して、バンディオンセを見る楽しみがもう1つ増えた。
とはいっても時間がなくて、実際にはなかなか観戦に行くことはできないけれど、結果はいつも気にしている。今年こそJFLに上がれるよう願っている。

そうやって何かがきっかけになって、気になるチームが増えていくのって楽しいことだなと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

順調でありさえすれば

スポニチより。

◆実好、順調に回復◆
チームの精神的支柱が帰ってきた。右ふくらはぎ肉離れで戦列を離れていたDF実好が阪南大との練習試合に出場。前半のみで退いたが、着実な回復ぶりを披露した。堅実なプレーはもとより、その人柄でイレブンを引きつけるチーム主将は「ケガは問題ない。ボクもメンバーに食い込んでいかないといけない」と今後の巻き返しを誓っていた。

この感じだと完全に治ったのかはわからないけれど、でもサッカー選手なら、多少の怪我や痛みを抱えたままプレーしてしまうのだろうし…。
この日も交代後にブローロと長いこと話していたので、きちんとケアやトレーニングをしているだろうし、長くやっていれば自分の身体のことを一番わかっているのはご本人だろうし、だから「問題ない」というならそうなんだって信じたい。


「巻き返し」、期待してる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧