まだ楽しめる桜

まだ楽しめる桜普通のカメラでも撮ったけど、また私のことだからなかなか整理しなそうなので(鹿島戦の日の万博の桜も、まだ放りっぱなしだし(苦笑))、一応「行ったよ」記念に、ケータイで撮ったものを…。
かの有名な仁和寺の御室桜。

バックは青空だけど、すでに時折パラパラと雨が落ちる状況。なんだか1日降ったりやんだり。
かなり細かい雨で傘をさすのが面倒なんだけど、ささないと結構濡れるし厄介で…。

御室桜、いい感じだったので、もう少しのんびり楽しみたかったな。

| | Comments (0)

お堀の桜

お堀の桜毎年この時期、TOKIOのライブが武道館であるので、お堀の桜を見られる。 少し早い年もあれば、散り始めてる年も…。 こればかりは運まかせでどうしようもないけど、今年は満開、サイコーのタイミングかも。

ライブの最後、ダブルアンコールでメンバーが選んだのが「花唄」ってのも、この桜に囲まれた武道館なら当然でこれ以上ない選択。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅、うめ、ウメ

もうずいぶん万博競技場に通っているというのに、万博公園の中、自然文化園や日本庭園にはほとんど行ったことがなかった。
これはあまりにもったいない。ということで今年の目標のひとつは、「万博の四季を堪能する」こと。
いろいろ歩き回って、四季折々の植物の写真を撮っていきたいなぁと思う。
まず今回は、梅。

まだ咲き始め、というか、品種によってかなり開いているのもあればまだつぼみの木もある状態で。今度の週末あたりが見ごろになるのかな?

下のは「道知辺(みちしるべ)」。まだ咲き始め。
20060304-17

20060304-04

こちらは「大盃(おおさかずき)」。とても鮮やかなピンク色。
20060304-01

華やかな八重の紅梅、「八重寒紅(やえかんこう)」。
20060304-03

「冬至(とうじ)」。今がかなり見頃かな?
20060304-02

同じ白梅でも、こちらは「緑萼(りょくがく)」という品種。
20060304-18

「月影」という品種。可憐なイメージの白梅。
20060304-05

20060304-06

20060304-07

一本の木に赤、白両方の花が咲く「源平の枝垂梅」。白梅の木に紅梅の枝を接いで作るのだそう。まだつぼみなのが残念。
20060304-08


翌日京都に足を伸ばして京都御所に。万博より遅い感じで、まだ開いている木はごくわずか。
20060304-09

20060304-10


「路線バスぶらり旅」(笑)でたどりついた梅宮大社。
いや、なぜか乗るバスを間違えて、しかもバスの中で寝てしまって、気づいたらここに来てしまっていたのだけど(苦笑)
20060304-11

夕陽に白梅が映える。
20060304-14

20060304-15

20060304-12


20060304-13

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっとモネ風?(笑)

20050815-02先週大阪に行った時に、練習もオフで一日ぽっかり空いてしまい…。普段時間がなくてなかなか行けない所にでも行ってみるかと出かけたのが、「ガーデンミュージアム比叡」。

そこで撮った「モネの睡蓮の池」を使ってPhoto Shopでちょっと遊んでみた。なんとな~くモネの絵の雰囲気出てる、かな?^_^;

ちなみに下のが元の画像。
印象派の名画を再現したこの庭園は、行った頃はスイレンやヒマワリ、ラベンダーなんかもちょうど見ごろで。琵琶湖も一望できる比叡山の頂上で、のんびり散策もいいもの。
20050815-01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜・桜・桜

最初は山科・毘沙門堂に行こうかなと思ったのだけど、昨夜、京都の友人から、「平野神社がいいらしい」というメールを貰って、急遽ルート変更。
御室・仁和寺→平野神社のコースへ。
(下の画像、クリックするともの凄く大きくなるのでご注意を。家帰ってから、小さく軽くしなくては…)


PICT0199


PICT0196


PICT0182


PICT0226


PICT0201


PICT0180


PICT0184


PICT0206

以上は仁和寺の八重桜。ピンクの濃いものから白っぽいものまでさまざま。


PICT0239


PICT0249

有名な御室桜は、残念ながら3日前が満開。その後雨が降ったのでだいぶ散ってしまったけれど、まだ少しは楽しめる…。


以下は平野神社の桜。

PICT0267

平野神社の枝垂れ桜。まだまだ見れるけれど、満開の時だったらもっと凄かったんだろうな。


PICT0269

枝垂れ桜と八重桜の競演。


PICT0019


PICT0020

珍しい桜が多い平野神社の中でも際立っているのが、この「御衣黄(ぎょいこう)桜」。なんと花が緑色。これが今満開、見ごろ。

PICT0024

ほとんど散ってしまった「従車遷(みくるまがえし)桜」。けなげな残っていた一輪を。


PICT0004

「平野妹背(ひらのいもせ)桜」。平野神社の代表的な桜だそう。


PICT0012

「突羽根(つくばね)桜」。平野神社の名木と言われる桜らしい。華やか。


PICT0008


PICT0010

「白雲(しらくも)桜」。樹齢100年以上の古木だとのこと。白っぽい花。


PICT0021

開花予想もソメイヨシノが基準だし、どうして桜=ソメイヨシノって思いがちなところがある。でも今回時期がずれてソメイヨシノを見られなかったことでかえって、色々な桜を楽しむことができたのかもしれない。
そういう意味ではラッキーだったのかな、今年の開花の遅さが。

来年、またどこでどんな桜を見られるのか…。今から楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天気も快方にむかい

天気も快方にむかい満開の桜のあちら側は浜名湖。朝方降っていた雨もやみ、青空が見えるまでに。

昨日一昨日の雨で都内の桜はあらかたおしまいかなと思ったけど(月曜の夜九段下を通りかかったら、それでもお堀の桜は健気に頑張ってたけど…)、東名を走っているとまだまだ見頃のよう。というか、ここは「桜街道」と思わせるほど、あちこちに桜が。道に沿って整然と並ぶものや、雑木林の中にひょっこり顔をみせるものや。かと思えば何本も密集しているようで、そこだけ薄ピンクに浮かび上がっていたり…。
日本人は本当に桜が好きなんだなと改めて実感する。
桜より白っぽいものも見られるけど、ハナミズキ?
天竜川より手前に川幅の狭い川があって、その土手沿いの桜並木がいい雰囲気に見えたのだけど、あの川はなんという川なんだろう…。

車窓越しの花見もなかなかなものです(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

満開!

満開!

門前仲町駅前の永代通り。桜並木っていうほどぎっちりではないけど、道路の両側に桜が植えられていていい感じ。場所が場所なので、さすがに敷き物敷いて飲んでるような花見客はいません(笑)(いくらなんでもココでは恥ずかしくてやれない)
今日、見事なまでに満開。ちょっと風が強いこともあって、少しハラハラと花びらが舞い散り始めているほどで。見頃はあと2、3日かな…。来週にはもう葉桜かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

すこし早いか…。

ちょっと先の話だけど。

先ほど桜の開花予想を見ていた。万博に行くときに、京都に寄って花見ができたらいいなと思って。
4/13の新潟戦は平日だし多分行けなさそうなので、チャンスは4/3の川崎戦だったんだけど…。去年のように暖冬で早咲きなら、なんとかなるかなぁと思ったけど(去年は4/4に練習場に行ったら、エキスポランド脇の桜が満開だった)、今年は平年なみだそうなので、どうだろう?ちょっと早いかな…。ちなみに清水寺のソメイヨシノの見頃開始予想は4/8。

できたら一番見たいのは、山科・毘沙門堂の枝垂桜。枝垂れはソメイヨシノより少し遅いというからやっぱりムリかな。でもまだ一月あるし、これから気候がどうなるかわからないから、望みを持って待つことにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

平安神宮の花菖蒲

昨日は一日京都観光。

といっても、京都の友人に行きたいお店などのリクエストをして、あとのプラン、案内をすべておまかせしてしまうというなんともモノグサな観光でして…。いつもいつも申し訳ないっす(^^ゞ

今回は平安神宮へ。神苑内の花菖蒲がちょうど見頃で、白や紫、淡い青など微妙な色合いで見事に咲き誇っていた。少し雨が降ったので、花が水を含んでいて、さらに鮮やかで美しかったような。


20040607-04

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜もそろそろおしまい

皇居のお堀端の桜は、さすがに葉桜。2週間前に来た時は満開の一歩手前という感じだったっけ。それでもわずかに残っている桜が、風に舞っている。それはそれで趣きある風情。カメラを構えている人も何人かいた。
今年は3月21日に京都で枝垂れ桜を見て、27日にお堀端の桜、そして4日4日に雨の万博の桜…。そういえば今週、印刷所に行く道すがらの、葉桜になりかけの桜も見たっけ。それなりに桜を堪能したな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧