海外ドラマ検定

ミクシィの方で知った「海外ドラマ検定」。
やってみるとなかなかに難しい。結果はこんな感じ。

+++海外ドラマ検定成績発表+++
あなたの総合得点は66点 全国平均51点
全国順位(8月30日 16時現在)
441位(2039人中)
--ジャンル別得点表----------------
                0_________50___%
SF/超常現象       ■■■■■■■■■■■■■
アクション          ■■■■■■■■■■■■■
シリアスドラマ       ■■■■■■■■■■■■■
青春/恋愛/コメディ  ■■■■■■■■■■■■■
ミステリー/サスペンス ■■■■■■■■■■■■■■
雑学             ■■■■■■■■■■
--------------------------
--講評---------------------
あなたは「海外ドラマの玄人クラス」
海外ドラマはよく見るけど、細かいことは覚えていない。そんなところでしょうか。いいんです、今のままで。これからも海外ドラマをご覧ください。そして、周囲の人たちに海外ドラマの楽しさを伝えてあげましょう。みんなの人気者になること間違いなし! あなたは1950年代から70年代のドラマに強いタイプです。若い人たちに往年の名ドラマを教えてあげてください。きっと話が弾むはずです。 あなたはミステリー/サスペンスものに最も興味があります。最近でしたら『HOUSE』がオススメです。
--------------------------

ほぼ平均的な出来だけど、なぜ生まれていない時代のドラマに強いのかがよくわからない…(苦笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テレビ版と映画版

テレ朝でやっていた「チャーリーズ・エンジェル」を見ていた。

スカパーでやっていたテレビ版の方はけっこうよく見ていたんだけど(深夜2時とか3時くらいまで夜更かししているときに(苦笑))、なんだか全然違う話みたい(苦笑)
まぁテレビ版の方は確か70年代ころの作品だし、テレビ版と映画では制作費が全然違うだろうから、雰囲気が変わるのも当然なのかもしれないけど。

私的には全然強そうに見えないエンジェルたちが奮闘する(しかも演技が少々素人くさい)テレビ版の方が、まったり見れて好きかなぁ。
映画版の方は、アクションシーンにしても荒唐無稽すぎるというか…。

ただ、「フレンズ」のジョーイや「アリー・myラブ」のルーシーが出演していたり、もしかして「CSI」のパクリ?ってシーンがあったりして、海外ドラマ好きとしては、そのあたりはけっこう楽しめたけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

セカンドシーズン

フルハウス〈セカンド・シーズン〉コレクターズ・ボックス去年の12月に予約していた「フルハウス〈セカンド・シーズン〉コレクターズ・ボックス」が到着。お待ちかねの第2弾。セカンドシーズンの発売までもう少し間が開くかなぁと思っていたので、けっこう早くて嬉しい。
パッケージを見ても、ずいぶんミシェルが赤ちゃんではなくなっているし(もうお喋りもするらしい)、他の2人もどんどんお姉さんに。

ということでしばらく私は、「フルハウス」にどっぷりつかった日々を送ることになりそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トークショー付きの

すごく行きたい。これ↓

DVD発売記念「冒険野郎マクガイバー」トークショー付特別試写会

40組80名ご招待だそう。
でも同じトークショーなら、マクガイバーの声をあてている石丸博也さんにもぜひ出てほしかったなぁ。
以前にも書いたことがある気がするけれど、「冒険野郎マクガイバー」は私の好きな海外ドラマの1つ。アクションドラマがあまり好きじゃないけど、これは例外で。
「スター・ゲイト」の渋いオニール大佐もいいけれど、若き日のリチャード・ディーン・アンダーソンはやっぱり素敵(*^_^*)
でもこの時期は残業確実なだけに、やっぱり難しい…かな。残念ながら。(ってか抽選なんだから当たるかどうかがまず問題なんだけど)


DVD-BOXも欲しいけれど、ここのところもこの先も物入りだし…。
何かを欲しければ何かは諦めなきゃだよね、やっぱり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

十六夜といえば

そういえば、昨日は十六夜。
「いざよい」。日本語って素敵な響きの言葉を持っているよなぁと思ったりする。

スカパーのSUPER CHANNELで放映されてる「サード・ウォッチ」。ニューヨークの警官、消防士、救急救命士そしてERの医者の奮闘が描かれてるこのドラマは、私が今好きな海外ドラマの1つ。
製作が「ER」のジョン・ウェルズなので、群像劇でもキャラクター一人一人の役柄がしっかり作りこまれているし、話の展開もとてもスピーディでスリリング。私は「ER」よりも、面白いと思っていたりする。
そんなドラマのエンディング曲が、山崎まさよしさんの歌う「十六夜」。
このドラマにぴったりの曲だと見るたびに思う。決して毎回ハッピーエンドで終わるドラマじゃないから。彼らがいくら奮闘しようとも救えなかった命もたくさんあるし、登場人物は公私に悩みを抱えながら生きている。それでもそんなものを全部受け止めて前に進む。そんなドラマだから、この曲の切ない歌詞とメロディがぴったりだと。

ちょっと十六夜つながりで思い出したもので。


と思ったら、今日ココログの調子が悪く、「一昨日」になってしまいそう…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フルハウスのへぇ~

待望の「フルハウス」DVD化。そのファーストシーズンのDVD-BOXが届いた。
もう20年近く前のドラマだけど、どれだけ時間がたっても何度繰り返し見ても、やっぱり面白いものは面白い。
で、このDVD-BOXの特典映像として、未公開パイロット版がついているのだけど、ビックリ!

だって…、
ダニーがダニーじゃない!

他のキャストは変わりないのだけど、ダニーだけはボブ・サゲットではない別の俳優さんが演じている。
同じディスクの中にあったもう一つの特典、監督さん自らの音声解説によると、最初はボブ・サゲットが役柄候補に挙がっていたのだけどスケジュールの関係で契約できなそうだとわかり、他の俳優さんでパイロット版を撮ったらしい。その後サゲットの出演が可能な状態になったために、改めてパイロット版を撮り直しレギュラー化が決定したのだそう。
しかしこのギリギリのところで代えられちゃった俳優さん、ジョン・ポージーというのらしいけど、今どうしているのかなぁ。気になる…。

あとこの音声解説で初めて知ったのが、ジョン・ステイモス演じる人物は最初「ジェシー」ではなく「アダム」という名前の予定で、ジョン自身の発案でジェシーになったってこと。
そしてジェシーの苗字が、第2シーズン以降「コクラン」から「カツォポリス」に変更になっているということ。日本では「ジェシー・コクラン」で最後まで統一されているハズだから、全然知らなかった。

シーズン終了後にキャストとスタッフが一緒に旅行にいくほどに仲がよくて団結力があったこそできたに違いない、フルハウスというホームコメディの傑作。この先もシリーズがコンスタントにDVD化されるといいな。

| | Comments (35) | TrackBack (0)

また欲しいDVDが…。

今秋発売されるDVD-BOXでまた1つ欲しいものが…。

冒険野郎マクガイバー シーズン(1)

これ以前(10年くらい前かな…?)地上波でも深夜にやっていて、今スカパーのSuper Channelでも放映されているけれども(再放送だったかな)、何度見てもやっぱり面白い。
主人公・マクガイバーが銃などの武器を使わず、日用品をうまく利用した「発明品」を使って、危機を逃れたり敵を倒したりする(一応)アクションドラマ。
ただ単にドンパチ撃ち合うだけのストーリーじゃないので(むしろマクガイバーは銃嫌い)、アクションものの中では例外的に好きなドラマの1つ。実はアクションものってあまり好きではなくて見ないのだけど(というか血が苦手…)。
マクガイバーの飄々としたキャラクター、コミカルな会話も魅力的だし。

でもこれも何シーズンも続いたドラマシリーズのハズだし、揃えるとなるとまたお金が…(^^ゞ
「フルハウス」は、とりあえず全シリーズちゃんと買いたいと思ってるので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

待望のDVD化!

私、実は海外ドラマが大好きで。家にいる時に大抵見ているのは、スカパーのFOXチャンネルとかAXNとかSUPER CHANNELのような海外ドラマ専門のとこばかり(なので、日本のドラマをあまり見ないせいで、そのテの話題に疎い疎い…)

海外ドラマはSF以外は大抵見るけれど(スタートレックとかああいうのは、どうも苦手…)、一番好きなのがシットコムといわれる観客の笑いが入るコメディー番組。今放映されてるのだと「フレンズ」とか「スピンシティ」とか「ダーマ&グレッグ」とか。
そのシットコムの中でも、いまだに私が最高傑作だと信じて疑わない(笑)のは、やっぱり「フルハウス」。
男やもめのダニーパパとジェシー叔父さんと親友ジョーイが、娘3人の子育てに悪戦苦闘するさまは、毎回ゲラゲラ笑って最後にちょっとホロリとさせられて、本当によくできているお話だった。登場人物が一人一人が魅力的だったし、ずっと同じキャストだったから、子供たちがシーズンを重ねるごとに実際に成長していくのにも(10年近くつづいたんだっけな?)、なんだか親近感がわいた。
そうそう、番組スタート当初赤ん坊だった双子のオルセン姉妹(あくまで演じたのは一人の役柄)は、今や自分たちの服飾ブランドも持ってるセレブ姉妹として有名になってしまったりしている。

ずいぶん前にDVD化の動きがあったのだけど、なんとなく立ち消えになってしまい(少なくとも私はなんの情報もつかめなかった)それっきりで、半ば忘れていたら、今日ファーストシーズンのコレクターズボックスを8/26発売という広告を発見!

もちろん日本での放映された吹き替え版収録で、しかも映像特典で第1話の未公開パイロット版までつくらしい!
嬉しいなー。これって最終シーズンまでちゃんとDVD化してくれるよね!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

24分の9

「24」は結局6時間見て挫折…。

で、そこから先をレギュラー放送で楽しめばいいものを、どうしても誘惑に勝てずに、結局最後の3時間を見ちゃいましたとさ(^^ゞ 邪道だよなぁ、こういう見方…。結末を先に知ろうとするなんてね。

クライマックスはホントにビックリな展開。ありかよーって感じ。っていうか「Xファイル」のモルダーだったら、恐らく人間不信に陥って、1年くらいあの地下室に引きこもるに違いない(笑) ま、ジャック・バウワーは精神的にタフそうなので大丈夫かもしれないけど。

基本的にドンパチものは好きじゃないので、確かに面白くてハラハラしながら楽しんだけど、感情移入してのめり込んで見れたかというと、そこまででもないかも(だから6時間でダウンしたのかも…)。なんといっても、人が死にすぎ…。私が見ていた9時間だけでも、いったい何人死んだことやら…。

レギュラー放送は、犯人がわかった視線で楽しもうっと。それはそれで面白いかも。


しかし、桐島ローランドめ。私が第2シーズンに向けて一番気掛かりだったことをあっさりネタバレしやがって…(-_-;) だから怖いよね、生放送って(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一気に見るか、じっくり見るか。

アメリカではXファイルを超える人気と評判のドラマ「24」が、ついにスカパーにも登場!

ずいぶん前からFOXチャンネルでバンバン予告を流していて(そりゃ今FOXの一番の看板番組だろうしねー)、フジの深夜でもレンタルでもまだ見てない私は、OAを楽しみにしているわけで。
でこの週末、レギュラー放映に先がけて、PPV方式で全24話を24時間ぶっつづけで放映するらしい。

9月下旬からスタートするんだから、別に慌てて見る必要もないんだけど、こっちは1週で1話、完結まで6ヵ月かかってしまう。スピード感がウリのリアルタイムドラマなんだから一気に見たい気もするし…。

でも24時間テレビを見続けるっていうのもかなりキツそうでもあり…。いや、キツそうっていうか、どう考えたってキツイ…。
なにしろCMの間くらいしかテレビの前を離れられないわけで、とにかくひたすらテレビの前にはりついていなきゃならない。食事もテレビを見ながらだし、当然徹夜…。
しかもダメ押しで字幕版…。

いくら私がテレビ好きでも、さすがに…。


うーん、どうしよう。でも挫折覚悟で挑戦してみよっかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)